amazonのギフト券には忘れてはいけない有効期限がある

amazonギフト券の種類にはカードタイプやシートタイプ、メールなどのデータタイプのものが存在しますが、全てのギフト券には有効期限といわれるモノが定められています。
そもそも有効期限とは購入したamazonギフト券をチャージするまでのタイムリミットと考えれば問題ありません。
実はこの有効期限がクセモノで記載があものと無いものがあります。
記載のある場合はとても親切でシートタイプなどには年月日まで詳しく記載されております。
その日付の深夜11:59を過ぎた時点で利用できなくなりますので注意が必要です。
ですが、記載がきちんとされていれば確認してこちらの不手際とも捉えられますし納得できる点もあるかと思います。
さらにこういったシートタイプなどは有効期限が延長され現在では10年間もの間失効することの無いギフト券となっております。
一方、カードタイプなどは有効期限の記載が手元のカードにはありません。
ですので購入した時点で有効期限がいつまでなのかを記録として残しておかなければなりません。
万が一忘れてしまっては、数千円~数万円を捨てたようなことになります。
実際、金券といわれる商品券やギフト券などではほとんどのものに利用期限などが設けられており、その内で利用するように促されております。
例えば新幹線などの回数券や百貨店などの商品券でも存在まします。
また、電子ポイントや電子マネーといったものでも有効期限が存在している場合があります。
ポイントなどでも今月の失効ポイントといったお知らせを目にしたことがあると思います。
そのように有効期限が定められているものはamazonギフト券だけでなく多く存在ます。

コメントを残す